住宅のイメージチェンジを図る、芝生や砂利で素敵な住宅つくり

防犯の為に

知らなかった砂利の世界

駐車場などでは、よく砂利が敷いてあります。では、砂利の定義とはどのようになっているのでしょうか。実は砂利とは、直径2〜5cm程度の医師や小石に砂が混じったものをいいます。この定義を満たしていればよいので、様々な色や形、密度があるといえます。 砂利の資源は天然のものと人工のものに大きく分けられます。採石場で採るだけでなく、不要となった砕石などを加工して砂利を作ることができます。 用途は、建設の材料として、コンクリートに用いたり、浄水場で下水のろ過などに用いられています。意外と知られていない働きをしているのです。家の玄関先に砂利を敷いているところもありますが、単なるインテリアとしてだけでなく、防犯対策になっていることもあります。

安くて簡単に防犯対策にもバッチリ

お家の防犯対策してますか? 監視カメラなどの本格的なものはお金がかかるし、でもいい防犯対策何かないかなと考えた時に一番いいのは砂利を敷くことです。 砂利を踏めば音がなるので、砂利が敷いてあるお家には空き巣も入りずらいのです。 最近では防犯用に音がよくなる砂利も見かけます。 夏は抜いても抜いても、すぐに雑草が生えてしまいます。 草取りや、お庭の手入れ本当大変ですよね。 そこで、暴走シートを敷いて、その上に砂利を敷けば、雑草も生えずらくなりお庭の手入れも楽々になります。 砂利を敷くことでお庭の見た目も綺麗になります。 最近ではどこにでも安く暴走シートも、砂利も購入することができるので一度試してみてはいかがでしょう?

Copyright (c) 2015 住宅のイメージチェンジを図る、芝生や砂利で素敵な住宅つくり all reserved.